2004年・在京新年会
日程:2004年1月31日(土)
会場:ル・カフェ・ベルトレ(表参道)ほか    レポート作成は鬼頭さん。
前夜祭でのみすぎて^^; 二日酔いの頭と胃を抱えて、市ヶ谷に泊まった伊吹君と ともに表参道駅へ。
改札をでて地図を見ていたら、背後から「やっぱりこっちでいいんだよ」という なにやら聞き覚えのある声が。振り返ったら棚瀬くんと後藤くんが立っておりま した^^
一次会の会場はルJフェxルトレ。半地下のお店ですが、前面がガラス張りの サンルームのようになっていて、明るくうきうきするような雰囲気で、奥へ入る と、赤と黒を基調にしたインテリアの、しっとりとした大人の雰囲気で、とても 素敵なお店でした。
■会場のご紹介
黒田くんが会計の準備をして、名札と出席簿(笑)を用意しおわったころ、みん なが次々にやってきます。昔の面影の残った懐かしい顔、ずいぶん貫禄のついた 顔(笑)三分の一は顔と名前がつながりませんが、名前を聞きながら、名札と出 席簿を渡していきます。
今回は初参加の人が非常に多かったのと、浜松、岐阜、 大阪、石川県、四国、台北!と遠方より沢山の人が集まってくれたのが特徴です。 女性の参加者が少なめだからと駆けつけてくださいました安子さん、智子さん、 本当にありがとうございました。
本田くんの音頭でお洒落にシャンパンで乾杯!その後も次から次へと出てくる 美味しい料理をお洒落にワインで楽しみます。
特に最後にひとりひとりのお皿で供された五種類の肉料理はすばらしく、同じテーブルのみんなで分けあってすべ ての料理を堪能しました。
会の途中では、東京新年会恒例の自己紹介コーナー。特に初参加の人にじっくり 語っていただきました。
見る見るうちに30年の時間が溶けていきます。
二次会のカラオケ会場へは、若山さんが作ってくれた有名建築デザイナーのブランド建築見学コース付きの地図を片手に、みんなで表参道を歩いていきました。
カラオケ館ではよく飲み、歌い、語り合い、それはもう、岐阜と浜松からのお二人 がいるのだから盛り上がらないはずがありません^^
でもね、在京の皆さんにそっとお知らせしますが、岐阜の忘年会の二次会は、 昨日の盛り上がりをはるかに凌駕するというか、解き放たれるというか、たが がはずれるというか^^;すごいんですよ。
ほとんど脱落者無しに三次会の「とり銀」へ。もうこの頃には初参加もなにも まったく関係なし。まるで30年間ずっと交友を続けてきた仲間のよう。
こんな 至福な時間が持てるんだもの、年々仲間が増えていくのは当然かもしれませんね。
実は三次会のあと、十人ほどで茶君に連れられて、彼のホームページにもよく 登場する、摩訶不思議な異次元空間へ入り込んだのですが、どんな言葉の説明を 聞くよりも、一度体験しなくっちゃあ、という場所なので、是非機会があれば、 茶くんとお出かけください(笑)
  ■拡大へ
今回の新年会の席で、今村隊長より夏休みの「山の家ツアー」の開催が 正式に発表されました。これもまた極上の時間を約束してくれるマジックワールド なので、ぜひ皆さん参加してください。

■もどる